読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職活動と教育実習

私が就職活動中のとき、同時に、教育実習も受けた。

 

当時は、本格的な就職活動は4年生の4月ごろから始まり、末までに内々定がでるという状況であった。

 

私は、教職科目をとっていたため、教育実習も受けることにした。そうすると、6月ごろに2〜3週間ほど、就職活動はできなくなる。

 

選考が進んでいる会社から面接や試験の連絡が入ると、教育実習のため、その日は出席できないということを伝えた。

 

会社の反応は2種類あった。多くの外資系企業は、「ならばご縁がなかったということで」のような反応で、選考が途切れた。日本の企業の中には、「では教育実習が終わるまで待ちますので、終わったら連絡してください」という連絡をくれたところもあった。

 

外資系企業の場合、少なくとも私が回っていたところでは、新卒を大量採用しているところはなく、採用数も、若干名というところがほとんどであった。であるから、教育実習をしている学生を待つ必要がなかったという理由が1つ。私がそれほど魅力的でなかっただろうというのが1つ。